雨漏りの原因に合わせた屋上防水を

雨漏りの原因に合わせた屋上防水を 雨漏りは快適な日常生活を妨げてしまいますので、早期に修繕する必要があります。ただその原因を調べるのは容易ではなく、専門会社に見てもらうことが得策となります。そしてそれに応じた修繕をして適切な屋上防水を実施していくことが重要となります。
その原因として最も多く見られるのが防水シートの破損です。防水シートが老朽化により破けて、そこから雨水が浸入してくるといったケースです。このケースにおいては新しい防水シートに貼り替える作業が必要となります。またパラペットの上部にある笠木板金が老朽化により浮いていることによって雨水が浸入してくるケースも多く見られます。この場合には板金を取り替える必要があります。この他ドレン周りの劣化や詰まりも雨漏りをもたらします。雨水を受け流すためのドレンにゴミなどが詰まり、屋上の排水が機能しなくなって水がたまって防水シートが劣化してしまうケースが多く見られます。この場合にはドレンを改修することとなります。
的確な屋上防水は快適な生活をしていくうえでも必須であることから、上記のポイントはしっかりと把握しておく必要があります。

屋上防水の工法の種類は色々ある

屋上防水の工法の種類は色々ある 屋上防水工事を行う際に選ばれる工法には、塗膜防水、アスファルト防水、シート防水の3種類があります。
塗膜防水は液体になっている防水材料で塗膜の層をつくって屋上の建材を守る方法で、ウレタン塗膜防水やFRP防水など、使用される防水材料に応じて細かく分けられます。アスファルト防水は溶解して液状にしたものとシート状にしたものの2種類のアスファルトによって厚い層をつくる工法で、作業の工程数が多いものの、一度完成すれば長期間屋上防水が可能なメリットがあります。シート防水はその名の通り、塩化ビニルやゴムが原料のシートを下地には接着材を用いて、シート同士は溶着させて貼りつける手法で、他の方法と比べて簡便である分、外部からの衝撃に弱い欠点があります。
上記の3つの手法の他にはモルタル防水と呼ばれる方法もありますが、生成される防水層の品質がコンクリートの表面の状態や強度に左右され、下地でひび割れが起こると防水層にもひび割れが生じる可能性が高いことから、今日ではあまり用いられることはありません。