業者を利用するメリット

業者を利用するメリット 近年はホームセンターでプロが使用する材料が手軽に購入できるようになりました。安い費用と家族交流の一環でDIYをしながら家のメンテナンスを行なえますが、場所によっては素人では大変危険なので注意が必要です。その1つが屋上防水作業で、業者に依頼をするのが賢明と言えます。屋上防水作業に使う塗料は3種類があり、手際よく塗らないと防水効果を発揮してくれません。ご家庭のDIYだと刷毛かローラーでしか塗れない為、広範囲の屋上を塗り終わるには丸一日必要とします。
ところが業者なら高圧を利用した大型スプレーを使用するので3種類の塗料を使っても半日程度で簡単に終わります。さらに、屋上部分をすべて防水するためには、足場を組んで高所に上がらないといけません。素人が高所で作業をするのは危険で、事故に繋がる恐れもあります。長い経歴とプロの技術を併せ持った業者に依頼をした方が安全で満足がいく仕上がりになるといえるでしょう。

屋上防水をDIYするのに必要なもの

屋上防水をDIYするのに必要なもの ホームセンターに行けば、プロが現場で実際に使用している材料が簡単に安価で手に入ります。屋上防水作業は業者に依頼をすると約20万円の費用が掛かってしまいますが、ご自身でDIYとして行なえば約2万円程度で済みます。屋上防水作業に必要なものは、刷毛・ローラーと専用塗料だけなので素人でもすぐに行なえます。短時間に終わらせたいという方は、外壁塗装にも使用できる噴射機を用いると良いですが本体価格が10万円前後もして頻繁に使用することもないので用意をしなくていいです。
専用塗料を塗る前に、塗料が付いてはいけない箇所と塗る範囲をマスキングテープで区切るのが大切です。1日で終わらせようとせず、ゆっくりと時間をかけて丁寧にローラーで薄く防水塗料を塗っていきます。広い面はローラーで塗れますが、壁際など狭いところは刷毛で処理をします。DIYなので簡易的な作業ですが、年1回程度マメに処理をすれば十分防水効果を持続させられます。